施工ギャラリー

カタチにしたのはお客様と私達の夢の住まい

資料請求、お問合せはこちら

■ T.F様邸介護リフォーム

玄関から各室入口の段差解消と建具変更~手摺りの取付~廊下の拡幅~トイレおよび洗面脱衣室のスペースと機能の拡張

平面図

当初、お客様のご要望は手摺りの設置とトイレおよび洗面脱衣室のスペース拡張がメインでしたが、廊下幅が狭いために、車イスではアクセスが非常に困難で、特にトイレに関しては介助者のスペースが全くないため、スペースの拡張のみでは不十分でした。そこで廊下幅を広げるご提案をいたしました。車イスでの移動も可能になり、広くなった廊下は使い勝手と開放感が向上しました。

提案パース


玄関

手摺りの取付ほか、介助者の負担を軽減するためポーチタタキへのステップに車イスが乗るように奥行きを広げました。

玄関ホール~廊下

フローリングを増し張りすることで各室入口の段差を解消、入口のドアは全て吊戸に変更しました。開放感を出すため、玄関からの光が建物の奥まで届くようにクロスの色はホワイト系を選んでいます。

玄関~応接間

玄関からホールまで連続した手摺りで歩行を、出入りの際には縦型の手摺りの脇にイスを置き、立上りをアシストします。
入口のドアは開口幅のとれる吊戸に変更。廊下側に飛び出すこともないので安全性と使い勝手が向上しました。


寝室入口

改修前は、2枚引違い戸では建具をはずしてもなお、車イスでの移動は困難でした。ご本人が自由に行動できるよう、廊下にゆとりをもたせ、かつ新しく取り付けた造り付けの大型吊戸は指先でも開けられるほど軽く出来ています。

段差

廊下と各室の段差は、フローリングの増し張りのほか簡易スロープを設置することで改善しました。

トイレ

スペース拡張のほか、重要な役割を果たす手摺りにもこだわりました。半身に麻痺がある場合、片手のみで姿勢を保持するのは困難です。
そこで今回はINAX製の手摺りを採用。手摺りの下についているボードが回転、お腹の手前で止まるようになっています。そこに寄りかかることで姿勢保持の負担が軽減、排便もスムーズになります。


洗面所

毎日、大きな鏡のある洗面化粧台でお顔を洗っていただけるよう、車イス対応の洗面化粧台を採用しました。
洗面脱衣室のスペースも拡張しているので、入浴の際の介助もスムーズになりました。
≪前の施行例次の施行例≫

一覧へ戻る

ページトップに戻る